糖質制限ダイエットと大人のカロリミットの相性が良い理由

食べ物&サプリメント編

糖質制限ダイエットとカロリミットの相性は抜群カロリミットには糖質制限ダイエットをサポートするような成分が多く含まれている。僕は朝食からカロリミットを摂るようにしている。

朝食は①会社で②コンビニのプロテインと③大人のカロリミットが効果ある
様々なダイエット法を試して僕が行き着いた最も効果がある朝食の食べ方は、①なるべく会社で、②コンビニで購入したミルクプロテインと一緒に、③ファンケル(FANCL)の大人のカロリミットも摂取する方法。サラリーマンにとって朝食は集中力のためにも必ず取るようにしている。

様々なダイエット法を試した中で、僕が一番効果があったのは「糖質制限ダイエット」だった

巷では様々なダイエット法が提唱されている。僕が色々なダイエット法を試した中で一番効果があったのは「糖質制限ダイエット」だった。

これまで、水泳ダイエットとか、運動ダイエット、酵素ダイエット等チャレンジしたけど、全て失敗した(笑)

これらに比べて糖質制限ダイエットはマジで効果があった。最初は68kg近くあった体重がすごい勢いで54kg迄落ちていったからね。

【写真有】糖質制限で1ヶ月6kg、最終的に15kg痩せる方法
私が糖質制限ダイエットに取り組んで痩せることに成功した時の体験記です。飲むだけで痩せる系の怪しいサプリメントでは痩せられませんでしたが、ダイエットの王道である①食事制限(糖質制限)と②運動・筋トレに取り組んだら一気に痩せました。
最も効果があった糖質制限ダイエットの具体的な方法
糖質制限ダイエットを始めてから1年半近く経過。多忙な社会人やサラリーマンでも実践できる効果的な糖質制限ダイエットの具体的なやり方を纏めてみました。

糖質制限ダイエットの本質は血糖値を抑えて、肥満ホルモンであるインスリンを抑えることある。

糖質制限ダイエットは「血糖値を抑えて肥満ホルモンの分泌を抑える」ことが目的のダイエット法。

なぜ、糖質を制限することが肥満の防止につながるというと、我々の中性脂肪は糖質から出来ているから。

糖質から得られるブドウ糖とインスリンが反応して中性脂肪が生成される。

中性脂肪とは言うならば、「使いきれなかったエネルギー」であり、「もしもの時の為に体に蓄えられているエネルギー」である。

一口に糖質と言っても実は様々な種類が存在する。高校の化学で学んだことがあると思うが、ご飯やパンなどに含まれる「糖質」は「多糖類」、砂糖は「二糖類」、ブドウ糖は「一糖類」と呼ばれている。ここで、ブドウ糖が2つくっついたものは「二糖類」と呼ばれ、3つ以上連なったものは「多糖類」と呼ばれている。

  • 「一糖類」・・・ブドウ糖
  • 「二糖類」・・・ブドウ糖が2つ繋がったもの
  • 「多糖類」・・・ブドウ糖がいくつも繋がったもの

我々はいつも食べ物を「消化する」と言っているが、この「消化」とは「複雑な有機物を分解して単純な物質に分けること」に他ならない。糖質に当てはめれば、消化とは「多糖類を一糖類に分解していくこと」を意味する。

消化・吸収を通じて糖質はブドウ糖に変換され、血液中に放出される。これによって血液中の糖分の割合を示す血糖値が上昇する。

もちろん、このままでは食べる度に血糖値が上昇し続けることとなる。そこで、人の体は血糖値を下げようと膵臓からインスリンというホルモンを分泌し、血糖値の元となるブドウ糖を処理しようとする。

この時、インスリンが何をしているかというと、「インスリンは「ブドウ糖」を「グリコーゲン」に変換して、筋肉細胞等に取り込んで血糖値を下げようとする」しかし、筋肉に蓄えることのできる「グリコーゲン」にも限界がある。

そこで、更に余ってしまった「ブドウ糖」に対してインスリンは「中性脂肪」として脂肪細胞の中に蓄える働きをし始める。これが、人が肥満となるメカニズムである。

よく、ダイエットをする時に先に筋肉を着けることをオススメされることがある。筋肉が増えれば増えるだけ、「ブドウ糖」を「グリコーゲン」として蓄えられる量が増え、結果として「中性脂肪」が少なくなるわけだから、ダイエットに繋がるのである

ダイエットの観点から筋トレとランニングを組み合わせるべき理由
僕はサプリメントだけで痩せられたことは一度もねぇし、むしろランニングと筋トレをやった方が劇的に痩せられた。筋トレを通して基礎代謝をアップさせ、ランニングを通して無駄な脂肪を消費する。これが最強のダイエット法である。サプリメントだけで痩せられるなら誰もダイエットに苦労なんてしねぇ。

特に急激に血糖値が上昇すると、インスリンもたくさん分泌され肥満の元となる

腹八分目」とか「早食いは太る」という言葉を聞いたことはないだろうか。これは実は間違っていない。

大食いや早食いは血糖値の大幅な上昇を招く。すなわち、血液中に放出される「ブドウ糖」の量を大幅に増やす。そうすると、人の体は大慌てで血糖値を下げなければとインスリンの分泌を増やす。

この時、インスリンは例に漏れず、血液中の「ブドウ糖」を「グリコーゲン」に変えて筋肉細胞に蓄えようとする。常に筋肉が動いていてグリコーゲンを消費しているならまだしも、筋肉を動かす暇もなく、一気に血液中の「ブドウ糖」が「グリコーゲン」として送られてくると筋肉細胞はすぐにグリコーゲンの貯蔵限界に達する

そして、貯蔵限界に達した後はインスリンは「ブドウ糖」をひたすらに「中性脂肪」として蓄え始めてしまう。その先にあるのは「肥満」である。

これが、「腹八分目」とか「早食い」が肥満に繋がるという根拠である。つまり、「急激な血糖値の上昇は肥満を招く」ということである。

糖質制限ダイエットとカロリミットが相性良いのは、血糖値の大幅な上昇を防ぐ機能がカロリミットにあるから

ファンケル(FANCL)が開発した機能性表示食品として有名な「カロリミット」。テレビCMもガンガン流れており、知らない人はいないと思う。

漠然とカロリミットはダイエット効果があると理解している人も多いと思うが、そのダイエット効果を生むカロリミットの機能を確りと理解しているだろうか。

カロリミットが主張する正確な機能は下の2つ。ファンケルは、この2つの機能を宣伝する為に臨床試験等を通して消費者庁への届け出を行い「機能性表示食品」としてカロリミットを販売している。カロリミットは、糖と脂肪の吸収を抑えるダブルの機能を備えたサプリメント形状の加工食品として消費者庁が初めて受理した機能性表示食品である。

  • 食事の「糖」の吸収を抑える
  • 食事の「脂肪」の吸収を抑える

ちなみに、ファンケルが消費者庁へ届け出たカロリミットの機能性は次のとおりである。

カロリミットが表示しようとする機能性

本品にはギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミンが含まれます。
本品は、食事の糖と脂肪の吸収を抑えて食後の血糖値血中中性脂肪値上昇を抑える機能があります。本品は糖、脂肪が多い食事をとりがちな方に適しています。

糖質制限ダイエットをする上で、カロリミットの注目すべき機能「食事の糖の吸収を抑える」機能

僕がカロリミットが糖質制限ダイエットに適していると考えるのは「カロリミットに食事の糖の吸収を抑える機能」があるから。ファンケルはカロリミットが糖の吸収を抑える効果について臨床試験を実施している。

結果を見れば分かるように、食後の血糖値の大幅な上昇を防いでくれていることが分かる。血糖値の大幅な上昇は糖質制限ダイエットを行う上で最も注意すべきことであるのは前述した通り

カロリミットを取ることで食事後の血糖値の大幅な上昇を防ぐことにつながる。これは糖質制限ダイエットの目指す所に他ならない。実際に血糖値測定器を使ってカロリミットに効果があるのか、調べてみたので、興味がある人は下の記事を見てほしい。

大人のカロリミットは効果ない?糖質制限できる?血糖値を測ってみた
大人のカロリミットは効果あり?それとも効果なし?痩せないと思っているそこのあなた!実際に血糖値を測定してみたよ!僕の結論は、「効果あるし、糖質制限ダイエットとも非常に相性が良い」です。買うなら公式サイトがおすすめ!

カロリミットを購入するならコンビニよりもネット通販がオススメ

カロリミットはコンビニで購入することもできるけど、ネット通販を利用して購入した方が安い。どうせ購入するならネット通販を利用することをオススメする。

ちなみに後述する「大人のカロリミット」を公式サイトを通じて購入すると、通常の「カロリミット」よりも安いという値段の逆転現象が起きることがあるので、公式サイトは要チェックである。

サラリーマンには「カロリミット」よりも「大人のカロリミット」をオススメしたい

「カロリミット」と「大人のカロリミット」って何が違うの?と疑問に持つ人がいると思う。「大人のカロリミット」は「カロリミット」の上の2つの機能に加えて、「日常活動時の脂肪の代謝する力を高める」機能が追加されている。

サラリーマンはデスクワーク中心だったとしても職場で意外と体を動かしている。例えば会議室に向かう時や書類を他の部署に届けに行く時、上司に呼ばれて上司の所に歩いていく時である。

こういう日常活動における活動量の多さを考えると、サラリーマンには「大人のカロリミット」の方が合っているのではないかと思う。ちなみに僕は大人のカロリミットとプロテインを朝食から組み合わせるのが好きである。

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]