お腹が空いた時は「鶏ささみ」や「ツナ」の缶詰が筋肉にも良くオススメ

食べ物&サプリメント編

ダイエット中はどうしても食事制限をするため、お腹が空いてしまう。しかし、お腹が減ったからと言ってチョコクッキー等を食べると、すごい勢いで体重がリバウンドする。

お腹がどうしても空いて仕方がない時は、「鶏ささみ」や「ツナ」の缶詰低カロリーかつ高タンパク質でオススメ

2つとも、たったの50キロカロリー程度でタンパク質を10g以上摂取することができる最強の缶詰である

いなば「とりささみフレーク」は低カロリーかつ高タンパク質。しかも、そのまま食べても美味しい!

まずは、いなば食品の缶詰「とりささみフレーク」。お腹が減ってどうしても何か食べたい時は、このとりささみフレークを食べるようにしている。

缶詰というと、そのままでは食べられないイメージを持っている方が多い。確かに一部の缶詰はそのままではとても食べられたものではない。しかし、この「とりささみフレーク」は別!野菜スープ仕立てになっていて、そのままでも十分美味しい

しかも、1缶あたりの栄養成分表示を見てほしい。エネルギー42キロカロリーに対してタンパク質10gを摂取することができる。タンパク質摂取の観点からは、かなり高いパフォーマンスを示している。更に、ダイエットの大敵である炭水化物はたったの0.1gである。

正しく筋肉のためにあるような商品と言える。

【1缶当たり栄養成分表示】

エネルギー:42キロカロリー

タンパク質:10.0g

脂質:0.2g

炭水化物:0.1g

食塩相当量:1.0g

 

いなば「ライトツナ」も低カロリーかつ高タンパク質。とりささみに飽きた時に食べるとグッド!

上に紹介した「とりささみフレーク」ばかり食べていると、流石に飽きが来る。そんな時は、気分転換に同じいなば食品の「ライトツナ」を食べるようにしている

こちらは「きはだまぐろ」を野菜スープとミネラルウォーターで仕上げたツナ缶で、もちろんそのまま食べることができる。

こちらも、エネルギー53キロカロリーに対してタンパク質12.5gとかなりの高パフォーマンス。炭水化物もたったの0.2gで済む。

【1缶当たり栄養成分表示】

エネルギー:53キロカロリー

タンパク質:12.5g

脂質:0.3g

炭水化物:0.2g

食塩相当量:0.7g

缶詰の賞味期限は約3年間とかなり長持ちする。大量に購入しても賞味期限切れになる心配はない。

基本的に缶詰商品は賞味期限が長い。上の2つはいなば食品のホームページによれば賞味期限は約3年間とのこと。

僕の手元にある「とりささみフレーク」も賞味期限が2020年5月と書いてあるので、記事執筆が2017年9月であることを考えると、約3年間もつこととなる。

大量に購入しても賞味期限切れになる可能性はかなり低い。コンビニでもツナ缶を購入すうることはできるけど、24缶とかで購入したほうが明らかに安いので、ネット通販で購入することをオススメする。

 

コメント